phoneお問合せ 社)日本フードベーカリー協会 03-6672-8751 (12:00~18:00)
カフェの業態や売上目標による必要機材例
2020 1/24 update

カフェ人ドットコム厨房機器サポート カフェの業態や売上目標による必要機材例

最低限のカフェを開業するのに必要な機材例

最大日商2万~4万の例(店舗席数10~20席程度)
製造機器費用 120万~200万程度
スタッフ 製造スタッフ1名+(接客アルバイトスタッフ)

  • ガスレンジ(三つ口コンロ1台) 下部にオーブン付き
  • 冷蔵庫3枚扉+冷凍1枚扉 ドリンク用小型冷蔵ケース
  • 製氷機 食器洗浄機  電子レンジ

このセットに関しては、個人店としての最低限の仕様を満たしている内容になります。一般的な小規模カフェのアイテムであるパスタ、ワンプレート等の一般的なメニューは対応できる内容となっています。これにドリンクであれば、コーヒーマシンやエスプレッソマシンを導入することにより、自店の商品の方向性に適した機材を加えることにより、コンセプトに適した機材を導入することができます。予算やスペースの問題が解消できればミニコンベクションを導入することで更に生産性が向上していきます。

標準的なカフェを開業するのに導入例

最大日商5万~10万の例(店舗席数15~30席程度)
製造機器費用 150万~200万程度
スタッフ 製造スタッフ1~2名+接客アルバイトスタッフ数名

  • 最低三つ口コンロ 小型コンベクションオーブン(3段)
  • 冷蔵扉6枚扉+冷凍2枚扉(例;コールド2台 縦型4枚扉1台)
  • 製氷機 食器洗浄機 電子レンジ

このセットに関しては、個人店としての標準の仕様を満たしている内容になります。カフェとしての個人店として運営する目標の達成することは可能な機材例とはなります。コンベクションオーブンの容量や段数を増加することにより、更なる生産性の向上が可能です。しかし、一般的にはこの規模の店舗の場合は、自店の売りをしっかりと表現するために、エスプレッソマシンやスチームコンベクションオーブン等を導入することにより店舗の特徴を打ち出すカフェが多いのも事実です。

小型デッキオーブン等を導入し、オリジナルスィーツ、パン等をアピール

最大日商5万~15万の例(店舗席数15~30席程度)
製造機器費用 220万~350万程度
スタッフ 製造スタッフ1~2名+接客アルバイトスタッフ数名

  • 最低三つ口コンロ
  • 冷蔵扉6枚扉+冷凍2枚扉(例;コールド2台 縦型4枚扉1台)
  • 製氷機 食器洗浄機 電子レンジ
  • コンベクションオーブン +(小型デッキオーブン)

このセットに関しては、個人店としての標準の仕様を満たしている内容になります。カフェとしての個人店として運営する目標の達成することは可能な機材例とはなります。コンベクションオーブンの容量や段数を増加することにより、更なる生産性の向上が可能です。しかし、一般的にはこの規模の店舗の場合は、自店の売りをしっかりと表現するために、エスプレッソマシンやスチームコンベクションオーブン等を導入することにより店舗の特徴を打ち出すカフェが多いのも事実です。

スチームコンベクションの導入によりフードの強みを強化

最大日商5万~15万の例(店舗席数15~30席程度)
製造機器費用 250万~350万程度
スタッフ 製造スタッフ1~2名+接客アルバイトスタッフ数名

  • 最低三つ口コンロ
  • 冷蔵扉6枚扉+冷凍2枚扉(例;コールド2台 縦型4枚扉1台)
  • 製氷機 食器洗浄機
  • スチームコンベクションオーブン 電子レンジ

このセットに関しては、個人店としての標準の仕様を満たしている内容で最近注目されているスチームコンベクションオーブンを導入することで、商品のオペレーションの能力や高品質のフードを安定的に提供していくセットとなります。特に少人数で、多くの席数の店舗を運営しようとする場合は、スチームコンベクションオーブンの導入に加え、冷凍冷蔵機能を持つ機械の増加が必要ですし、また、エスプレッソマシン等を追加することにより更に店舗の総合力を高めようとするカフェもあります。

カフェ業態が中心のベーカリーカフェ

最大日商5万~15万の例(店舗席数15~30席程度)
製造機器費用 350万~450万程度
スタッフ 製造スタッフ1~2名+接客アルバイトスタッフ数名

  • 最低三つ口コンロ
  • 冷蔵扉8枚扉+冷凍2枚扉(例;コールド3台 縦型4枚扉1台)
  • 製氷機 食器洗浄機 電子レンジ
  • ニデッキオーブン(+コンベクション)+小型ホイロ(ドウコン)

このセットに関しては、ベーカリーとしてのある程度の焼成能力を持ちながら、カフェの要素も満たそうとするセットとなります。売上の主体となるのは、どちらかというとカフェ業態になる場合も多いですが、オーブンの枚数を調整することで、商品展開を工夫すれば、ある程度のパンのテイクアウトのニーズを満たすことが可能となり、更なる売上向上も可能ですが、テイクアウトを検討する場合はホイロではなく、前日仕込みが可能なドウコンの導入が必要となり、製造スタッフもそれぞれ専任が必要となりますので、売上バランスの設定に注意する必要があります。

ある程度の売上目標をイメージした個人店としてのフルスペック

最大日商15万~20万の例(店舗席数25~50席程度)
製造機器費用 400万~500万程度
スタッフ 製造スタッフ2~4名+接客アルバイトスタッフ多数

  • 最低5口コンロ
  • 冷蔵扉8枚扉+冷凍4枚扉(例;コールド3台 縦型4枚扉2台)
  • 製氷機 食器洗浄機 スチームコンベクションオーブン
  • エスプレッソマシン 1連式 水道直結型 電子レンジ

このセットに関しては、ほぼフルスペックと言える内容です。スチームコンベクションオーブンに加え、小型デッキ等を導入することで、更に商品のオペレーションの能力や商品バリエーションの拡大が可能です。更に高い売上を確保する場合には、パスタマシンを導入したり、焼き物が多い場合はグリドルを導入したりする等の工夫を高めることで更に更に売上向上を目指すことが可能となります。

スィーツやベーカリー等のイートインでのカフェ機器

ベーカリー業態にイートインスペースをつける場合(ドリンク提供するための必要な機器
ドリンク&イートーン日商を+3万~5万を考える場合
(イートイン席数を5~12席程設定する場合)
製造機器費用に加え、60万から100万程度+で必要

  • スタッフ 接客アルバイトスタッフ1~2名増員
  • 三つ口コンロ 台下冷蔵庫(冷蔵ショーケース)1台
  • 製氷機容量を+10Kg+もしくは1台追加(35K以上)   
  • 食器洗浄機 コーヒーマシン(エスプレッソマシン等)

このセットに関しては、ベーカリーとしてのある程度の焼成能力を持ちながら、カフェの要素も満たそうとするセットとなります。売上の主体となるのは、どちらかというとカフェ業態になる場合も多いですが、オーブンの枚数を調整することで、商品展開を工夫すれば、ある程度のパンのテイクアウトのニーズを満たすことが可能となり、更なる売上向上も可能ですが、テイクアウトを検討する場合はホイロではなく、前日仕込みが可能なドウコンの導入が必要となり、製造スタッフもそれぞれ専任が必要となりますので、売上バランスの設定に注意する必要があります。

description関連記事
Help

カフェ人どっとこむのご利用

各種お問合せ
サービスのご利用・開始方法や掲載内容、その他ご不明な点など、
何でもご相談ください。
新規登録特典
開業の手引書
プレゼント
phone 03-6672-8751 12:00~18:00