phoneお問合せ 社)日本フードベーカリー協会 03-6672-8751 (12:00~18:00)
カフェを開業・経営するための準備と流れは?
2021 5/10 update

カフェ開業ノウハウ カフェを開業・経営するための準備と流れは?

記事更新:2021/06/10

個人でも経営することができるカフェは、順だって準備をして開業すれば、とてもやりがいがあり有意義な仕事としてなりたちます。

男女問わず何歳になってもチャレンジすることは可能ですし、こだわったお店を持てば長く愛される空間に育ちます。

お店の開業までの流れを勉強することはいつでもできますから、 本気でとりくみたいならお店を持っても大丈夫です。

経営のコンセプトを決める

近年のカフェブームの中、チェーン展開しているお店から個人のお店までさまざまなお店が出店をしています。ゆったりカフェでお茶をすることは本当に癒しです。
少し休憩を取ったり友人や知人とお話をしたり、素敵な時間を過ごすことができるのではないでしょうか。そんなカフェを経営したいという人も増えています。
こういった飲食業の経営はいかに人が入るかどうかがとても重要になります。特にカフェの場合は珈琲1杯の単価がそこまで高くないため、ある程度の売り上げが必要になるでしょう。
そのためには集客率を上げる必要があります。では経営が破綻してしまう失敗例をいくつか紹介しましょう。
まず、基本的なことではありますが立地が良くないことが挙げられます。せっかくおいしい珈琲を入れても立地が良くないため、人が入らなければ意味がありません。珈琲の味にいくら自信があっても飲んでもらえなければ、せっかくのおいしい珈琲も無駄になってしまいます。
そのため、お店を出店する前に周辺環境や人の流れがどの程度あるのか、しっかり調査する必要があるでしょう。また、周辺にどのようなお店があるのかもしっかり下調べすることが大切です。競合となるカフェが近くに何店舗もある場合、やはりお客さんは分散され減ってしまうかもしれません。
そのため、人の流れや周辺に出店しているお店など徹底的にリサーチした上で場所選びをおこなうことが大切です。また、初期投資にお金を掛けすぎてしまってもいけません。
初期投資にお金を掛けすぎてしまうとそれを取り戻すまでにある程度期間が掛かってしまいます。すぐに軌道に乗れば良いですがなかなかそうもいかない場合もあるでしょう。
例えば店舗を広くしすぎてしまった場合それだけで設備やそれをまとめるための人件費が掛かってしまいます。そういったことも踏まえた上で経営をすることが大切です。

カフェは、ゆったり過ごすことを目的とする人や、勉強やビジネスをする場所として活用する人が集まりますが、お店の広さや立地、メニューなどによって雰囲気や過ごしやすさが変化します。

はじめに、経営のコンセプトを決めることはとても重要ですし、リピーターが多くなるかどうかも影響しますから、しっかりと考えることは大切です。

また、自分の体力に合ったスペースにすることで、毎日の仕事を楽しくこなすことができますから、ストレスにならない空間を作ることは欠かせません。

オーナーの趣味やこだわりがある、清潔感のあるお店を継続していれば、お客様は安心して通い利用することが叶います。

また、賃貸での貸店舗であれば、制約があったり売り上げがなくても家賃の支払いがありますが、自宅の空きスペースを利用したりすると比較的安心して続けられます。

必要な段取りや基本的な流れを確認しよう

カフェの具体的な開業にむけて、さまざまな準備が必要になりますが、事前に勉強しておこなうと、スムーズな流れで進めることが可能です。

開業資金や運転資金を十分に準備して、お店の場所を決めることはとても大切ですし、増改築などを考えるならば改装費も念頭に入れておきましょう。

計画倒れにならないようにしっかりと準備することが重要です。

また、経営に欠かせない道具や設備もさまざまありますから、どの種類が欲しいかを決めておくことも必要です。

最近では、数百万円もする高額だったコーヒーマシーンも、手ごろなものもでまわっていますし、淹れたいコーヒーの種類によって使い分けることも容易ですから、若い人でも開業することは可能です。

はじめから空間が広いカフェにしてしまうと、従業員を複数名雇ったりメンテナンスや維持費が多く必要になりますから、坪数が狭いスペースで開業する人もいますし、テイクアウトを活用するお店もめずらしくありません。

また、高額な広告宣伝費をかけなくても、インターネットやアプリを利用して集客する方法もありますから、低予算でも十分にお店を続けることは可能です。

開業してから備品や間取りなど、いろいろと見直すと結果的に効率的ではなくなりますから、はじめからしっかりとチェックして行動することがのぞまれます。

カフェ開業に必要な申請手続き・資格は?

資格となるとハードルが高く聞こえてしまうかもしれませんが、カフェを開くために特別な資格を取る必要はありません。

『食品衛生責任者』は、必要になりますのではじめに取得すると安心です。

さまざまな飲食店では必須の資格ですが、講習を受ければ取得することが可能ですし、これがなければ仕事としてなりたちませんから、はやめに取得するとよいでしょう。

また、飲食店であれば火を扱うことがほとんどですから、『防火管理者』の資格も必要ですので、講習を受けて取得することが欠かせません。

お店が安全に運営できることを許可する『飲食店営業許可申請』は、開店の二週間前までにだすことが必要ですから、改装工事に余裕を持って手続きしておくとよいでしょう。

『調理師免許』や『栄養士免許』などは、飲料以外の食べ物を提供する場合には役だちますが、カフェであれば必ずしも必要ではありません。

コーヒーに関するさまざまな資格は民間の資格ですが、勉強して提供してくれる指針になりますから、味をこだわるなら厳選して取得すると役だちます。

お店の衛生面や防火に関しての資格があれば、カフェの開業は可能ですので、安心して経営することができます。

長く愛されるお店を続けるためには経営力も必要ですから、基本的なことは勉強しておくとよいでしょう。

お店の経営は、タイミングや方法をまちがえないようにしなくてはなりませんから、スクールでも通販教育のような方法でもよいので、知ってからチャレンジする慎重さも大切です。考えることはたくさんありますし、必要なサービスやアイテムも多いですが、しっかりした経営力があればお店は繁盛します。

カフェを気軽にはじめたい人は多いかもしれませんが、必要な資格や経営に関する知識は必要ですし、お店の坪数や立地なども選択しななくてはなりません。

ノウハウを学べば順だって準備することは誰でも十分に可能ですし、短時間での小規模なお店からはじめれば勉強してチャレンジすることは意味があります。

また、チェーン店などで経験を積んでいれば、コーヒーなどを淹れることは自信が持てますから、独立して活躍することは可能です。

必要な資格を取得して資金を準備することで、安心してカフェを経営することができますから、好きなことを仕事にすることはできます。インターネット環境を利用したり、いろいろな経営の形を知ることが夢への一歩になりますし、経験者から学ぶことも意味があります。

※コラム内容はPNカフェ人の見解です。
所属する組織、及びこのサイトの公式見解ではありません。

著者
カフェ人
description関連記事

カフェ開業を考えている方、カフェ運営でお困りの方は
お気軽にお問い合わせください

カフェの新規開業をご検討の方、カフェのメニュー開発や運営についてのご相談がある方は、カフェの開業や運営のサポート実績が豊富な私たちにご相談ください。
check_box
「第2の人生をサポートする」というコンセプトの日本最大級の社会人専門のカフェの開業スクール「リライブフードアカデミー」が全面サポート
個人カフェ等の開業サポート実績200店舗以上を誇る創業18年のアカデミーです。
ドリンク、フード、スィーツの調理技術や経営ノウハウ等のカフェのすべてが学べるスクール。
Help

カフェ人どっとこむのご利用

各種お問合せ
サービスのご利用・開始方法や掲載内容、その他ご不明な点など、
何でもご相談ください。
新規登録特典
開業の手引書
プレゼント
phone 03-6672-8751 12:00~18:00